英語ができないけど海外生活

英語ができない人でも海外で生活できるのか

英語 できない 海外 

 

英語ができなくても海外で生活している人は少なくはありませんが、たいていの場合はプロスポーツ選手や技術者になります。通訳を自身で、あるいは会社側が用意できると言ったことになるのでしょう。

 

それでも仕事では同僚とコミュニケーションを図りたいものなので、英語圏でなければ現地の言葉を習得した方が、より楽しい生活を送ることができます。

 

中には日本の海外駐在員でも支社長や工場長のように通訳が付く場合には、英語を話さないでいい立場の人もいます。それでも上のポジションに付く人たちは語学のレベルは別として、積極的に英語や現地の言葉を使っていて、周りからみてもとても好感が持てます。

 

総務に秘書や運転手、会社の受付のスタッフは特に駐在員や現地で働く日本人と関わり合いがあるので、どんどん会話を楽しみましょう。

 

それでも英語を使わない人がいますが、現地スタッフがどう思っているのか気になるところです。仕事の成果がはっきりスタッフに解らず支社長といった高いポジションで年齢も若ければ、なめられる事もあります。日本人の年配者は英語ができないと思われている一方で、若い人はそうではないので注意が必要です。

 

日本のようにかしこまった敬語を外国はそこまで使わず極端な上下社会ではないですが、社長や経営者家族、支社長は別格扱いでマネージャークラスが少し上といった感じです。

 

あとは横一線なので、英語にしても現地の言葉にしても使おうとする努力が若くして見られないと、勤勉な日本人なのにと不思議がられます。

 

外国語は誰でも最初は完璧ではないので、少々間違った方が親しみやすいと思われる国も多く先ずは会話を楽しむことが先決でしょう。

 

言葉を話せるが聞き取り難いといった問題が、海外で働く場合に時々見かけられます。問題が複雑化している時に電話での交渉では特に国民性が違うので、使っている言葉や表現が想定外で理解できない場合があります。

 

そんな場合は慌てずに内容をメールで送ってもらうように、電話で伝えるのが一番です。非英語圏の国の英語ができるスタッフは、その国の中のエリート層に属していて学歴も高いこともありほとんどの場合は解りやすい文章の英語のメールが送られてきます。慣れてくると相手が何を要求しているのか引き出すようなメールが打てるようになるので、英語力も必然的にアップしています。

 

英語は国際語なので各国によって訛りがありますが、音域を拡げることによってリスニング能力の幅が拡がります

 

欧米で働く場合はイギリスやアメリカだけでなく北欧の人たちが話す英語のニュースを毎日聴き、非英語圏の国であれば現地の日常会話レベルを少し勉強してみるのも良いです。Thやzh、rとlなどの音の出し方が英語に結びつく場合が多いので、発音の癖を見抜くことができます。

 

いずれにしろ海外赴任する場合、最低でも日常会話程度の英語はマスターしたいものです。
できれば日本にいる間に少しでも使える英語を覚えていくようにした方が、現地に行ってからなにかと問題がおこらないのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

海外赴任 英語