海外赴任 中国での英語

海外赴任で中国などの非英語圏では英語とどう向き合う

海外赴任 中国 

 

非英語圏に海外赴任、あるいは現地で就職した場合に西欧や中欧諸国であれば仕事以外でもプライベートで英語を使うことはしばしばあります。

 

南米ではスペイン語やポルトガル語になるように、アジア諸国でもその国の公用語を私生活だけでなく会社の中でも主に使う事になります。職場でマネージャークラスでは、現地のスタッフと英語でのやり取りになります。また、海外赴任者には現地採用の日本人のスタッフが言語をサポートし、特に工場部門の現場管理責任者には通訳が付く場合がほとんどです。

 

海外勤務で英語を使う頻度が極めて少ないのが中国になり、駐在員にはほかの諸国同様に日本語の通訳が付く場合が多いです。職場でも大きな音声の中国語が賑やかに飛び交っていますが、貿易の輸出入に関連する部署では英語を使います。

 

中国滞在生活においてテレビなどの報道は政府により管理されていますが、英語のニュースはあります。報道が管理されている分だけ、ニュースもボキャブラリーが限られている分だけ難しい単語が出てこないので、リスニング力アップには最適です。同様に英字新聞の語彙も革新的なものがない分だけ、上級者には物足りないかもしれませんが、中級レベル前後の人には文法もしっかりしているので、とても読みやすいです。

 

また、都市部にはインターナショナルバーといった欧米人の観光客や英語の教師が集まるバーがあり、英語を話せてお酒を飲める場所として日本人も現地の中国人にも人気です。華僑は英語が得意な人が多いのに、本場の中国では全くその反対なのにびっくりすることが多いといわれる中、英語を話せる地元の若い人たちが多く集まります。

 

もうひとつ中国で英語環境が恋しくなった時におすすめなのが、外国語を習得するための語学学校が土曜か日曜に開催する「英語角(インユイジャアオ)」です。英語のネイテイブスピーカーの先生を囲んで1時間30分〜2時間ほど、自由に英会話を楽しむサークルのようなものです。積極的に会話をする勉強熱心な中国の人たちに圧倒されるかもしれません、必見の価値はあります。

 

物価の安い国になると世界各国の個人旅行者が利用するゲストハウスが局在する街があり、バーやカフェでは英語を使えるチャンスに恵まれます。若い世代向けの楽しみ方になるので、少し年齢が上の人にはその都市を代表する目抜き通りでのレストランでの食事がおすすめです。外国人が多く集まるレストランでは、スタッフも英語ができますので、現地の言葉に困ることはなさそうです。

 

非英語圏の海外駐在員生活で英語力アップを考えるのであれば、毎日の英語のニュースですが、自分のレベルに合ったものを見つけるのが効果的です。タイではBBC NEWSが流れていて、台湾に関しては日本語の数チャンネルを含む世界各国の言語がテレビで流れています。

 

 

海外赴任前に英語ができない人は短期で日常英会話レベルに

 

英語圏でない国に行く場合でも日常会話レベルの英語は出来たほうがいいでしょう。

 

海外赴任出発までもう時間がないというときにおすすめするのが、とにかく短期間に必要な英語のフレーズを丸暗記してしまおうという英語の教材です。

 

短期間で英語を習得する方法は丸暗記しかありません。覚えたフレーズは単語を入れ替えることであらゆる場面で使うことができます。

 

基本のフレーズを頭に叩き込み、海外赴任に行ってから単語数をどんどん増やしていくといいのではないでしょうか。 短期英語習得用おすすめ英語教材はこちらです。

 

 

 

海外赴任 英語